2019年2月2日土曜日

AmazonでSSDが2328円!SSDの価格下落が激しい!!

AmazonでSSDが2328円!SSDの価格下落が激しい!!


SSDとHDD(ハードディスク)では何が違うのかと簡単に説明すると、HDD(ハードディスク)が、DVDのようなレコードにデータを記録するのに対して、SSDは、電気的にデータを読み書きするようなイメージとなる。

SSDが電気的に読み書きするもんだから、当然DVDのような円盤を読み書きするDVDよりも圧倒的に読み書きが早くなる。


だから、SSD搭載のPCで、OSをSSDにインストールしているパソコンは、当然CPUやメモリを増設するよりも圧倒的に処理速度が早くなる。

SSDは今までは凄く高かったのだ。
120GBモデルで1万円前後位もしていたのだけれども、最近は価格の下落も凄くて・・・

いよいよアマゾンでも2328円というびっくり価格に!!!




ただ、最近の日本の若者は、パソコン自体を持っていることも少なくなってきたから、パソコンのメインストレージにHDD(ハードディスク)に加えて、SSDまで登場してきたもんだから、少ない需要に対して、あれもこれもストレージが供給されたら、ますます価格下落が進みそうだなぁ・・・


ちなみにSSDのメリットは書いたとおりだけれども簡単にまとめると・・・

メリット
 読み込み速度が凄く早い!

デメリット
 書き込める回数によって、SSDの寿命を迎える。
 (Windows(OS)によって、このデメリットをなるべく回避できるように同じブロックへ頻繁にデータが書き込まれないように制御されている)



2019年1月26日土曜日

アメリカ政府機関の閉鎖が解除へ。

アメリカ政府機関の閉鎖が解除へ。




35日間にも及ぶ、トランプ政権が要求する、メキシコ国境問題による国境に壁を建設する要求について、ようやく決着がつくようだ。(ホワイトハウスでの声明)


元々、これについての予算について対立し、トランプ大統領が政府機関の閉鎖も覚悟で、最終的に閉鎖に踏み切った物だ。


真っ向勝負で進める辺りは、個人的には凄いと感じた事案だったんだけれども。
(日本の安倍首相なら色々改竄とか付託で欺きながらやりそうな・・Σ(・∀・;)マサカ...)


この政府機関の閉鎖に伴い、職員への給与も無休となり、多くの職員が、個人資産を売却して生活したり、副業したりしながら生計を立てているようだけれども。


一旦は、円安材料となりそうだけれども、、この2月15日迄の期限付きだから、トランプ大統領は、国境の壁について完全には諦めている様子ではないから、何かしらの交渉戦略かもしれないな・・・


予算通さないと2月15日から再度政府機関が閉鎖するぞ的な....


国民がどの程度それを望んでいるかどうかは分からないけれども、メキシコ政府の対応をみていても、国境問題について、アメリカへの違法移住をメキシコ政府は黙認しているような雰囲気だから、アメリカ政府としては、壁を作るようなこういうった行動は、確かに
必要なんだろうなと、第三者からみると思わされる...


日本も、安倍首相が人手不足を理由に、移民を受け入れるような雰囲気だけれども、実際は人手不足というよりはむしろね....



まぁ、とりあえずは、先物系は一旦は上向きそうだなぁ・・






2019年1月24日木曜日

シマエナガ | Shimaenaga (Aegithalos caudatus)

バードウォッチングはやっていないけれど。

シマエナガという鳥が可愛すぎる!



たまらん・・・このかわいさ。

北海道にしか生息していない鳥のようで。

火付け役は 動物写真家の小原 玲 さん みたい。

下の写真を出してる:https://amzn.to/2sH0b83




アマゾンで検索したら、ブームになってる感がなんか伝わってきた。





日本の鳥って、すずめみたいな小柄な鳥が多いなぁ。

日本には猟を楽しむためなのか、登録狩猟制度みたいなのがあるみたいだけれども、この鳥は対象外みたい・・・間違って撃たれそうな気もするけれど。


そういえば、京都に行った時に、すずめの丸焼きが普通に露天で売られていたのを思い出したよΣ(・∀・;)






2019年1月23日水曜日

今年は喪中で年賀状出さなかったけれど。

昨年の12月不幸があって、年賀状は誰にも出していない。


12月に突発的すぎて、喪中のハガキ出していないから、年賀状きたけれど。


やっぱり、年賀状来るとその人達の事色々思い出す。


弟子じゃないけれど、素直な感じな引き継ぎ者も出来て、色々安心して年末年始も過ごせた。


弟子としてでは無く、最終的に相互に技術スワップが出来る関係迄成長できれば、個人で受注した分も分けて上げられるのだけれども。
協業も出来る?


やはり、素直な人は覚えが早いというか、やりとりがスムーズというか、自分も歳をとってもそういった素直さのままいられたらと見習うところも多い。


自分の職がIT職一筋だったから、こっち業界はすっかり熟練してしまった所があって、同じ職の人達へは自分から聞くことがすっかり無くなってしまったけれども。


弟子たちの中には、ちょっとオイラ~が忙しすぎて、置きざりにした人達もいて、時々思い出すと心苦しいし、今どうしてるんだろうと気になるのだけれども。


今のところ落ち着いているけれども、今年は3月頃から忙しくなりそうだ・・・


やっぱりコンピューター言語はC#が一番安定感があるとつくづく感じた2018年だった気もする。
何でも出来る言語になった気がする。


何かとネットショップ絡みの開発が増えてきている一方で、今まで売上が良かった楽天はどこのショップもAmazon(アマゾン)へ持っていかれているなぁとも感じたなぁ。
どれだけ、自動化が進められるかが、出品を増やせるキーになっているのか、色々なところのショップと携わってつくづく感じさせられた。

1日数件しか出品出来ていなかった嘆いていたショップは、システムを構築してあげたら、1日に1万件出品できるようになったと喜んでくれた取引先もいて、そんな喜んでいただけるから、なんかやっぱりIT職やっていてよかったって改めて思った。


アマゾンはIT企業としても、もうすっかり、Googleと近いところまで来ているし、Googleの音声認識製品よりも、AmazonのAlexaを購入している消費者が多い事も分かった。


Alexaについて:https://amzn.to/2FI8mJW
https://amzn.to/2FI8uco




これからも、ネット購入ユーザーは、ますますアマゾンへ流れていく年になるだろうから、過去の成功例にとらわれて、トレンドに遅れる企業(ネットショップ運営している)はますます淘汰されていくのだろうなぁ。